mn_gmenu_01.pngmn_gmenu_01.pngmn_gmenu_02.pngmn_gmenu_02.pngmn_gmenu_03.pngmn_gmenu_03.pngmn_gmenu_04.pngmn_gmenu_04.pngmn_gmenu_05.pngmn_gmenu_05.pngmn_gmenu_06.pngmn_gmenu_06.pngmn_gmenu_07.pngmn_gmenu_07.png

HOME > TATOO STUDIO > 施術時の衛生管理について

施術時の衛生管理について

お肌に直接触れる施術道具は全て使い捨て

STAB BLUE TATTOO STUDIO では、お客様のお肌に触れる機器(針、インク、インクカップ、グローブなど)については、全て使い捨て製品を使用しています。

使用済みの針、血液の付着したものは医療系産業廃棄物として専門業者に回収を依頼し処理しています。

その他の施術道具も厳重に衛生管理

グリップ、チューブなど繰り返し使用する器具は、下記の手順で厳重に衛生管理しております。

pht_supersonic.jpg衛生管理1)ウルトラソニック《超音波温熱洗浄器》
薬液に浸した後、中性洗剤で洗浄の後、ウルトラソニック《超音波温熱洗浄器》でミクロの汚れも洗浄します。


pht_autoclave.jpg衛生管理2)オートクレープ《高温高圧減菌機》
さらに、オートクレープ《高温高圧減菌機》の約110度から120度ある加圧蒸気で、全ての微生物や菌類を死滅させ除菌します。


衛生管理3)???《紫外線保管装置》
洗浄、滅菌作業が完了したら、最後に紫外線保管装置にて保管します。